カードローン審査甘い

99%の融資率はこちら!!

審査が甘いカードローンをたくさん紹介します!

日本多重債務者相談協会
ここが間違いないです。何と99%の融資率。いや、100%といっても過言ではないです。多重債務、自己破産、職業不問です。

マネークリップ
多重債務で任意整理を考えている方、他から借金を断られた方におすすめできます。もちろん審査甘い。

フクトク相互サービス
すぐにお金が必要な方、総量規制でこれ以上借入を断られた方におすすめです。審査甘いです。

クイックプラン
再出発、任意整理中の方、多重債務で他から借り入れできない方、免責者の方を応援します!審査激甘です。

モバイルターミナル
借りたい人と貸したい人が出会える場所です。審査甘いとかのレベルではなく、審査なしです。

メールでお金のご相談
ブラックで審査甘いところを探している方にピッタリ。収入証明不要、専業主婦OKです。

プロ集団
ブラックだけど今スグお金を借りたい、甘い審査の金融を探している方へ。多重債務や過去の自己破産、任意整理歴、過払いの請求、長期延滞のような「ブラック」でも貸してくれます。

ジョニー
一般的な消費者金融では、キャッシングの審査に通らない属性でも、個人情報を入力する必要がないから、安心して申し込めます!

カードローンで審査が甘いのはどこ?

カードローンといえば銀行カードローンを連想するかもしれませんが、消費者金融もカードローンに含まれます。カードローンは銀行融資とは違い、基本無担保です。担保がなくてもお金が借りられるって、実は凄いサービスだと思いませんか?担保がなくて審査が甘ければ最高ですよね。そこでポイントになるのが、金利です。担保がなければそれに見合うだけの高い金利を取るのが常識です。カードローンというビジネスは、無担保・甘い審査で審査に通して、高い金利で利益を上げるハイリスクハイリターンのモデルだといえます。

有名どころでいうと、〇〇東京〇〇〇銀行カードローン、〇〇〇銀行カードローンなどはテレビCMでガンガン流れています。銀行は、個人や企業に融資をして金利で利益を上げている他、国債を買いまくっています。国が銀行を潰さない代わりに、国債を買ってバランスを取っているというワケです。しかしこれだけではやっていけないので、利益率の高いカードローン事業に参入し出したのが2000年に入った頃でしょうか。一気に増えました。

消費者金融を含むカードローンの審査は基本甘いです。無担保で審査に通す自体が無謀なのですが、高い金利で利益を出すためにも甘い審査で審査に通すことが優先されました。また、一般の銀行融資と差別化させることによって気軽にお金を借りられるという簡便さを打ち出すことによって、幅広いユーザーを獲得することに成功しました。

カードローン審査甘いというのは、初めてカードローンでお金を借りようとしている方にとっては必須項目ではないでしょうか。元々カードローンの審査は甘いのですが、甘い中でももっとも審査が甘いところで借りたいというのは世の常。審査甘いと検索する人の心情は、「フリーターだから審査に通るか不安」「スマホ料金を滞納したことがあるからブラックリストに載っていないか」「過去に自動車ローンの返済を滞納したことがあるから審査に通るか不安」など、色んな心当たりがあるんだと思います。

なんとなく思いついたんですが、カードローン審査甘いに関して統計を取ったら何か見えてくるんじゃないかと。というワケで、統計を取った気になってデータを出してみます。調査期間は2017年7月12日~19日、渋谷ハチ公前で突撃インタビューです。調査人数590名、有効回答500名、有効回答率84.7%

「カードローンでお金を借りたことがありますか?」
ある=218名、ない=106名、無回答=100名

「カードローン審査に不安でしたか?」
不安だった=173名、不安はなかった=12名、自信があった=2名

「なぜそのカードローンを選んだのですか?」
審査が甘そうだったから=132名、有名だったから=20名、なんとなく=43名

これらの統計から分かるように、なんとなく審査が甘いカードローンで借りようと思うワケですね。もう既にカードローンの利用があって、2件目の利用を考えている方にとっても、やはりカードローン審査甘いというのは必須条件のようです。

「カードローン審査に通りたい!」

カードローン審査に通りたいのなら、通りやすいところに申込めばいいだけです。実はシンプルなんですよね。カードローン借入って。そんなに難しく考えすぎないで、ここで紹介しているカードローンにサクッと申込むだけでOKです。今は色んなことが検索でササッと調べられるようになりましたが、このサイトは審査が通りやすいカードローンに申込みたいというニーズを満たすために作られました。

借入で最初の壁は審査です。返済の心配は借入ができた後のことなので贅沢な悩みかもしれません。カードローンに申込むときは、一番気にするのが「審査に通るかどうか」「金利」「返済日」「土日でも借入できるかどうか」あたりでしょうか。銀行カードローンなら金利は低いうえに審査にも通りやすいので、間違いないです。

ということで、審査に通りやすいカードローンを探している方は、まずは銀行カードローンに申込んでみましょう!

カードローン審査、在籍確認について

「本当にその会社で働いているのか?本当に収入があるのか?」の確認のため、勤務先には電話がかかってきます。職場に仕事の電話がよくかかってくる人は在籍確認の電話が1本あっても違和感はありませんが、そうでない人は本当にドキドキしますよね。「契約者以外の第三者に契約の事実を知らせてはならない」と貸金業法で決められているので、バレる心配はありません。

オペレーターは個人名を名乗って電話してきます。また契約者が不在でも「今、席を外しています」と誰かが電話に出て言ってくれれば在籍確認の電話は完了します。別に本人が電話に出る必要はありません。しかしながら「消費者金融は個人名で在籍確認の電話がある」ということを知っていれば気づかれるかもしれません。

カードローンを利用することは別に恥ずかしいことでも何でもありませんが、在籍確認の流れと在籍確認の電話を入れなくてもいい方法もあるので、職場への在籍確認の電話がイヤな方は参考にしてください。

他の人が用意しない書類を用意する

カードローンは免許証かパスポートがあれば基本OKですが、これに加えて収入証明書、健康保険証、会社名が書かれた社員証、があれば信用力が一気に増します。これらの書類を提出した上で、最初にオペレーターから電話がかかってきたときに「これだけ書類を用意したんだから在籍確認の電話は勘弁してもらえませんか?」と交渉してみます。

カードローン審査に通るための3つのコツ

カードローン審査に通るための3つのコツがあります。とてもシンプルです。

ウソの情報を書かない
メルアドのスペルの書き間違いに注意する
電話番号の書き間違いに注意する

「年収が低すぎて貸してくれないんじゃないか…?」と勝手な心配をして、少し多めに年収を書いてしまう人がいます。また、「勤続年数が短すぎて審査に通らないんじゃないか…」という心配から、勤続年数を多めに書いたりする人もいるようですが、正直に書きましょう。ここは正直に書いていることが審査に通るコツです。

メルアドのスペルを間違って書いてしまう方もいます。急いでいるのでスペルミスに気付かずに審査申込みをすると、メール連絡が取れない場合は審査に落ちてしまいます。ほんのちょっとした凡ミスで審査に通らないなんてもったいないですよね。

電話番号の書き間違えも同じように、書き間違いをして送信する人が一定数いるようです。審査連絡でオペレーターが電話をかけても違う電話番号につながった場合はこれまた審査に落ちてしまいます。これも凡ミス。もったいないですよね。

カトパンのようにミスなくいきたいものです。

一般的なカードローン、消費者金融は全部審査が甘いです

電車の中や街角で目にする有名なカードローン、消費者金融の審査は甘いです。金融業は貸せば貸すほど儲かるんです。誰かが返済できずに任意整理したとしても、他の顧客から搾り取っている金利で十分に利益が出ます。それだけ金利が高いということです。銀行預金の金利は0.001%です。100万円預けていても10円の利息です。10万円の場合は利息はつきません。こんなに低い利息しか払わないということは、銀行は「預金は入れなくていいよ、カードローン事業で儲かってるから」と言っているに等しいです。消費者金融も昔からジャブジャブ儲かっています。今でこそ18%の金利ですが、それでもメチャクチャ高いです。国内の投資信託で年10%を超える利益率を出しているところはありません。10%の利益を出すのも難しいのに、金利は18%ってすごいですよ。ヘッジファンド並みの金利です。審査が甘いのはこれだけの金利を取れるからです。甘い審査でジャブジャブ貸出して高い金利を取るというわけです。甘い審査のカードローンを探している方には気の毒ですが、全部甘い=金利が高い=返せなくなる=債務整理になります。審査が甘いところを探すよりは弁護士に相談するのが一番いいです。